炭水化物もぬけばいいってもんじゃない

ある日、通っている加圧のトレーナーに言われました。

「炭水化物をぬきすぎると、臭くなるよ」

えー、わたしもっぱら主食はナッツと肉です。

あ、あとアボカドも好きです。典型的女子。

炭水化物はダイエットの敵、というだけでなく、

「糖化」のよる老化も恐ろしいので、なるべく避けてます。

でもじつはパンも大好きで、たまに食べるのでゆるーい感じのカーボコントロール。

ドトールのミラノサンドとか、好きすぎてやばいです。

米はまったく食べません。

20代のころから食べなくなったので、ほぼ20年食べてません。

まわりからはよく「非国民めー」と言われてました。

「日本人なら米をくえ」と。

そんなこんなで、たぶん明らかにかたよった食生活なわたしですが、

もっぱら体調はよくて、

健康診断でも「オールA」のおりこうさんです。

おっと、体重だけは「痩せすぎ」でした。すみません。

「栄養をきちんととってください」ってかいてありました。

なんかかわいそうな栄養失調児みたいです。

で、炭水化物をぬきすぎるとなぜ臭くなるのか。

ただでさえ、そろそろ加齢臭を気にするお年頃のアラフォーです。

よくよくきいてみると、、、

炭水化物はクルマでいう「ガソリン」のようなもので、エネルギーを燃やすはたらきがあるそうです。

でも、燃やす燃料がないと、不完全燃焼となり、くすぶった体臭をかもしだすとのこと。。。

ストーブとかガス給湯器の一酸化炭素中毒おこしそーな、ああいうイメージだそうです。

たしかに、納得。

くさいのやだー!

「ケトン臭」ともいうらしいです。

というわけで、炭水化物100パーカットはだめです。

臭いオンナはモテません。わたしも食べます、ミラノサンド。

ちなみに、モリバサンドもおいしいです(関係ない)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です