夕飯時に炭水化物抜きダイエットは一定レベルしか効果無し。

中学生の頃からぽっちゃりしている事が悩みでした。

お菓子を我慢できない、運動するのは恥ずかしいとの事で全く体型は改善されませんでした。そこで始めたのが夕飯の時の炭水化物抜きダイエットです。

特段御飯が好きな方ではなかったので高校生の頃から夕飯のご飯は食べない様になりました。

カレーや親子丼の時には食べますが、他のおかずの時には殆ど食べない生活になりました。

そのお陰で2kgは体重が減りました。しかし、それ以降は特に体重は変わりません。

2kg程度ですと誰かに気付かれる訳でもないし、大きく体型が変わった訳でもありません。

運動して引き締まった訳でもないので数字上の変化でした。

今はウォーキングと毎日の体重測定で学生の頃よりも8kg位痩せました。

思春期の頃は過度に自分を低く評価しがちの割に人目を気にしすぎて運動も出来ませんし、家族にダイエットをすると言う事の宣言すら出来ない性格でしたが、ある程度の経験と年齢を重ねると生活活改善を本当にしなくてはいけないと思い行動できるものだと思いました。

今、学生に戻れるなら誰もそんなに私の事は見ていないからしっかり運動するように示唆したいです。

今の体型をあの頃に手に入れられていたらもっと自信を持てたと思います。

しかし、その頃の癖で今でも夕飯のご飯は食べない様にしています。どうしても食べたい時は冷えたご飯を食べています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です